与那原大綱曳
解説 日程 地図 古写真
文化財 特産品
 


概要

与那原大綱曳の始まりは、1500年代の尚永王時代までさかのぼるといわれており、現在まで400年余の歴史を誇ります。
豊作祈願の神事として始まったといわれる大綱曳は、東西の綱の結合により稲の実りを前祝し、勝敗によって豊作、凶作を占います。大綱曳はもともと旧暦6月26日に、町内の拝所で豊年や住民の健康を祈願したあとに行なわれていましたが、農家が少なくなったことや生活環境の変化、また観光的要素が強くなったことなどから、旧暦6月26日以降の日曜日に行なわれるようになりました。与那原を象徴する伝統文化として知られており、今では多くの綱曳ファンを魅了しています。

 

photo
movie:概要(01:14)


由来

『与那原町の民話』によると、その昔、害虫が発生し稲が不作で人々は餓死寸前まで追い込まれた年がありました。困り果てた村頭は、姥捨て山に捨てた老人に相談したところ、「野山の草を集めて焼き、皆で鐘やドラを叩き、大声を出しながら綱を曳くように」と教わりました。その結果、害虫はいなくなったとの伝えがあります。

 

 



特徴

与那原大綱曳は、他の綱曳とは違う大きな特徴があります。それは、綱の上に支度を乗せることから始まり、綱曳が終了するまでの一連の流れに区切りがなく、すべてが連続した動きであるということです。それぞれの流れを整理すると

  1. 支度が綱に乗る
  2. ドラの音を合図に丸太(担ぎ棒)で担ぎ上げる体制に入る
  3. 鉦鼓(そーぐ)の音で「サー」の掛け声のもと、綱を担ぎあげる
  4. 東西の綱を寄せ合い、六尺棒で雌雄のカナチを結合させる
  5. カナチ棒をいれる
  6. カナチ棒が入ると同時に綱を落とし曳く。その時に支度は綱から飛び降り、丸太(担ぎ棒)を綱の下から引き抜くという流れです。

特に(5)のカナチ棒が入ってから綱曳が始まるまでは、あっという間の出来事ですが、この流れこそ他の地域にはない与那原大綱曳の醍醐味であり最大の特徴なのです。また、綱を曳く時も単に「引きずる」のではなく、綱本体を上下させながら(地面に叩きつけながら)曳きます。

解説:与那原綱曳資料館館長 上原正己さん

 

photo
movie:特徴(04:28)


photo
movie:特徴(01:40)

上原正己さんのお話を聞いたあと、こちらの映像をご覧ください。遠くて分かりづらいのですが、よく見ると、「一連の流れ」がお分かりいただけると思います。


大綱曳関連行事

与那原大綱曳は、本番までの間に多くの関連行事があります。祈願祭など、旧暦で決まっている行事もあれば、実行委員会により決定されるものもあります。5月の末頃から8月まで、約3ヶ月間の準備期間を経て本番を迎えます。

  • アブシバレー(旧暦4月15日)
  • 五月ウマチー(旧暦5月15日)
  • クービ採り
  • わらの運搬(搬出)
  • 実行委員会事務所開き
  • 町内各区へわらの配達
  • 各区での綱作り
  • 六月ウマチー・ウマチー綱小(旧暦6月15日)
  • 拡大委員会・団結式
  • 旗頭作成
  • 金鼓隊、前舞い、旗頭練習
  • カナチ棒の取り出し(本番3日前)
  • 大綱本体作り
  • 日延べ拝み(旧暦6月26日)
  • 大綱曳
photo


Copyright 2010 Yonabaru Town Rights Reserved