ホーム > 健康 > 予防接種事業 > 定期予防接種(個別接種)

  • 各種申請書
  • まどぐち
  • 各課案内
  • 町議会

与那原町役場
〒901-1392 沖縄県島尻郡与那原町字上与那原16番地
TEL(代表)098-945-2201
FAX 098-946-6074
ご意見・ご提案

リンク

定期予防接種(個別接種)

個別接種についてのご案内

 指定医療機関にて行われる個別接種の日程や注意事項などについてのご案内です。


  〜 もくじ 〜



DPT予防接種(ジフテリア・百日せき・破傷風)

  • 対象年齢 : 生後3ヵ月から生後7歳6ヵ月に至るまでの間にある者
  • 1期初回 : 20〜56日の間隔をあけて3回接種
  • 1期追加 : 1期3回目終了後、6ヵ月以上おいて1回接種
            (1期3回目終了後、12ヵ月〜18ヵ月の間隔をおくことが望ましいです)
  • 接種方法 : 個別接種のみ
  • 接種費用 : 無料
  • 場   所 : 町指定医療機関
ページの先頭へ


DT2期(ジフテリア・破傷風)

  • 対象年齢 : 11歳以上13歳未満の者(13歳の誕生日の前々日まで)
  • 接種回数 : 1回接種
  • 接種方法 : 集団接種・個別接種
  • 接種費用 : 無料
  • 場   所 : 町指定医療機関
ページの先頭へ


不活化ポリオワクチン

  • 対象年齢 : 生後3ヵ月から生後7歳6ヵ月に至るまでの間にある者
  • 1期初回 : 20日以上間隔をあけて3回接種
           (20日〜56日までの間隔をおくことが望ましいです)
           ※経口生ポリオを1回接種している方は、初回接種は残り2回となります。
  • 1期追加 : 1期3回目終了後、6ヵ月以上おいて1回接種
           (1期3回目終了後、12ヵ月〜18ヵ月の間隔をおくことが望ましいです)
    ※平成24年10月23日より追加接種が定期接種となりました。
  • 接種方法 : 個別接種のみ
  • 接種費用 : 無料
  • 場   所 : 町指定医療機関
ページの先頭へ


4種(DPT−IPV<ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ>)混合ワクチン

※平成24年11月から定期接種に導入されたワクチンです。DPT(3種混合ワクチン)と不活化ポリオワクチンの混合ワクチンです。

  • 対象年齢 : 生後3ヵ月から生後7歳6ヵ月に至るまでの間にある者
           (注意:対象者は、上記の年齢でDPTワクチンと、ポリオワクチンのいずれも未接種の者です)
  • 初回接種 : 20日以上間隔をあけて3回接種
           (20日〜56日までの間隔をおくことが望ましいです)
  • 追加接種 : 1期3回目終了後、6ヵ月以上おいて1回接種
           (1期3回目終了後、12ヵ月から18ヵ月の間隔をおくことが望ましいです)
  • 接種方法 : 個別接種のみ
  • 接種費用 : 無料
  • 場   所 : 町指定医療機関
ページの先頭へ


MR(麻しん風しん混合)予防接種


◆ 1期 ◆
  • 対象年齢 : 生後12ヵ月〜24ヵ月に至るまでの間にある者(1歳児)
  • 接種回数 : 1回(無料)
  • 接種方法 : 個別接種のみ

◆ 2期 ◆
  • 対象年齢 : 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から
            当該始期に達する日の前日までの間にある者
  • 接種回数 : 1回(無料)
  • 接種方法 : 個別接種のみ

◆ 3期 ◆
  • 対象年齢 : 13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末尾までの間にある者
  • 接種回数 : 1回(無料)
  • 接種方法 : 個別接種のみ

◆ 4期 ◆
  • 対象年齢 : 18歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末尾までの間にある者
  • 接種回数 : 1回(無料)
  • 接種方法 : 個別接種のみ

◆ 共通 ◆
  • 接種費用(MR1〜4期) : 無料
  • 場   所           : 町指定医療機関
※3期、4期は平成24年度をもって終了となります。
※各期、対象年齢であれば、麻しん、風しん、単独ワクチンを受けることもできます。かかりつけの医師にご相談ください。

ページの先頭へ


日本脳炎予防接種

 平成17年5月以降、勧奨を中止していましたが、接種勧奨を再開いたしております。 順次、接種勧奨対象者の方にはご案内送付予定です。
 また、平成17年〜21年度の間に日本脳炎の接種機会を逃した方々への接種機会確保のため、 平成23年5月20日より、平成7年6月1日生まれ〜平成19年4月1日生まれの方(以下、特例対象者)は、 20歳未満までの間、1期(初回・追加)及び2期の未接種(残り回数)分を定期予防接種として行えるようになりました。


【通常の接種スケジュール】
◆ 1期初回 ◆
  • 対象年齢 : 生後3ヵ月〜生後7歳6ヵ月に至るまでの間にある者
           (標準接種年齢3歳)
  • 接種回数 : 2回(1回目と2回目は6〜28日間隔で受ける)

◆ 1期追加 ◆
  • 対象年齢 : 生後6ヵ月〜生後7歳6ヵ月未満
           (標準接種年齢4歳)
  • 接種回数 : 1回(1期2回目終了から、1年後に受ける)

◆ 2  期 ◆
  • 対象年齢 : 9歳〜13歳未満
           (標準接種年齢9歳)
  • 接種回数 : 1回

※特例対象者の接種スケジュールにつきましては、与那原町健康保険課( 945-6633 )へお問い合わせください。


◆ 共  通 ◆

※対象者で接種を希望する方は与那原町健康保険課( 945-6633 )へお問い合わせください。

ページの先頭へ


65歳以上インフルエンザ予防接種

  • 対象年齢 : 65歳以上の方
            60歳以上65歳未満の者であって、心臓、じん臓、又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活
            活動が極度に制限される程度の障害(1級)を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機
            能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者。
  • 接種回数 : 毎年1回
  • 接種費用 : 1,000円(生活保護世帯の方は無料)
  • 場   所 : 町指定医療機関
  • 実施期間 : 11月〜翌年2月
ページの先頭へ


予防接種健康被害救済制度について

 法定の予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、 生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。 健康被害の程度などに応じて、法律で定められた金額が支給されます。 ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものかを国の審査会にて審議し、予防接種によるものと認められた場合に 補償を受けることができます。
 給付申請の必要が生じた場合には、診察した医師、保健所、町の予防接種担当課へご相談ください。

ページの先頭へ


予防接種を受けるときの注意

  • 予防接種を受けるときは必ず「親子健康手帳(母子健康手帳)」を持参してください。
  • 予防接種予診票に同封されている説明書をよく読みましょう。
  • また、予防接種の間隔やお子様の健康状態に十分注意し、かかりつけの医師と相談しながら「予防接種スケジュール」をたてることをお勧めします。
  • 指定医療機関以外で予防接種を受けた場合は全額自己負担となりますのでご注意ください。
  • 対象年齢をこえると任意接種(全額自己負担)となります。

他の予防接種を受けるために必要な間隔

  • MR・麻しん・風しん・BCG・水ぼうそう・おたふくかぜ・ロタウイルス・黄熱の予防接種を受けてから
    ⇒27日以上おく
  • 不活化ポリオ・4種混合・DPT・DT・日本脳炎・インフルエンザ・子宮頸がん・ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けてから
    ⇒6日以上おく
  • 突発性発疹・手足口病・リンゴ病・インフルエンザが治ってから
    ⇒2週間以上おく
  • 麻しん・風しん・水ぼうそう・おたふくかぜが治ってから
    4週間以上おく

★ その他、かかりつけの医師と事前によく相談してから、予防接種を受けましょう。

ページの先頭へ


お問い合わせ : 与那原町健康保険課 予防接種係 TEL:098-945-6633