2020広報よなばる8月号
8/24

2月13日 与原区公民館参加人数:14人与 原■ 自治会加入への取り組みQ与原区世帯の自治会加入は一戸建てで93%。一方世帯数ではアパート・共同住宅が70%近くあるにもかかわらず、自治会加入は23%しかない。自治会は世帯数をもって自治会交付金が下りるが、加入が少ないため実質交付金が減り、負担金は変わらない。アパート入居者に自治会に入ってもらえる取り組みを。沖縄市の自治会では市・自治会・宅建業者の三者が協定を結び、入居者への自治会加入を促進させた例がある。町でリーダーシップを取ってもらいたい。A共同住宅などの自治会加入や区費の徴収が思うようにいかないと聞いている。沖縄市から協定書を取り寄せた。南部にも宅建業者があれば調整したい。実行できるよう区長の皆さんと連携して取り組みたい。       (総務課)Q以前、区長会での発案を促されたが、各区で事情が同じわけではなく、区長会名で調査することもできない。アパート入居者が区民であり町民であるという自覚を持ってもらい、自治会に入るという主導を、町にやってもらいたい。A区長会と双方でやっていきたい。過去広報で各区の紹介などがあった。今後東浜大型ビジョンや町民ラウンジ展示など案を練っている。担当も研修に行かせた。(総務課)Q以前「自治会に加入しよう」の横断幕があったが?A古くなったので外した。新設を検討したい。      (総務課)■ 放送・掲示設備の刷新をQ与原区域は以前狭かったが、西原まで住宅が広がり現在は聞こえない。ポールを立てるなど広報放送設備の充実を。A放送設備は各自治会で古くなり、聞こえづらいとの声がある。まだ把握していない所もあり、把握したい。広報放送設備は高額のため、ほかの行政区と整合しながら検討する。      (総務課)Q掲示板が古くなり、雨風ですぐ外れる。掲示板の付け替えを。A掲示板設置はほかの行政区からも依頼があり、集約して対応する。板は付け替えていく。 (総務課)■ 公民館が2階にある困難Q2階に立地されている公民館の不自由や危険さを改善するよう、喫緊の課題として改善してもらいたい。Aこれまでも高齢化に伴い、エレベータの設置などの要望をいただいた。高額になることから実現していない。ほかに方策がないか今後も継続して検討したい。 (総務課)Q公民館利用者が高齢化していく。何らかの対策を。A老人会に1階の児童館を使うなど、子育て支援課と調整できるかと考えている。    (総務課) 児童の少ない時間帯で利用が出来るように調整していきたい。(子育て支援課) 与原の懸案事項と捉えている。1階の利用では根本的な解決にはならない。コミュニティーを保つため、手を尽くし、万策尽きたときに一般財源も考える。優先順位は上の方として考えていきたい。(町長)Qサッカー場が与原公園に整備される。併せて建物も作れないか。A公園の拡大計画に着手している。整備には敷地の土地が必要。地権者との話し合いも始めた。公園事業の中での公民館建設は難しいが、皆さんの公園なので、ワークショップで意見をまとめていきたい。      (まちづくり課)Q公園側に公民館がだめなら児童館を移したらどうか。あかぎ児童館は遊び場が狭く道に飛び出して危ない。A児童館は学校区ごとに1カ所ずつ、2施設を整備した。さらに移転する場合はかなりの予算持ち出しがあると思う。(子育て支援課)■ MICEの状況QPPP方式は、企業からの申し出がすでにあるのか。それともただの案なのか?A県が検討している事業方式のひとつで、県の所有する土地の上に、企業が設計施工し、運営は民間にさせるもの。これ以外に土地も民間が買う方法もあり、これらの検討がされているようだ。民間事業者からすると、MICEの建築運営だけではうまみがなく、周辺のホテル用地やマリーナ用地などを一括して任せてもらえるならという業者は何社か来ているようだ。       (企画政策課)Q去年は県がPFI導入検討で2000万円投入されたが結果は公表されたか。また与那原町総合計画にもMICEの位置づけがある。本来なら今年度完成であったMICE施設は、今後前に進まないようであれば、町保有の空き地など町として独自で、または周辺自治体の協議会単位で独立して動き出す計画はないか。A与那原町総合計画は町の最上位計画で、大型MICE施設も重要施策として推し進めていくと謳っている以上、今後県と協力して進める。町の持つファーマーズ横の空き地、与那古浜公園、野球場など、今後整合性を取りながら活用を検討していく。 (企画政策課)広報2020.88

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る