H30.広報よなばる10月号
14/24

みんなで氷を溶かして、中に入ったおもちゃを取り出そうと夢中に…肘まで浸かって、いい気持ち~!いろんな色を混ぜて、絵を描いたり、体につけて楽しむ子どもたち寒天の不思議な感触に、子どもたちも興味深々平成30年度利用日時▼月~金曜日 午前9時~午後2時    ※時間内の入退室について制限は設けておりません。     都合のつく時間帯にいらしてください対  象▼就学前幼児と保護者利用日時▼毎週火・金曜日 午前9時~12時対  象▼おおむね3歳以下の幼児と保護者利用方法/子育て親子交流の場として、希望者はどなたでも利用できます。     お気軽にお越しください費用/無料 ※ただし行事への参加費や材料費をいただく場合があります。町内2カ所で実施中あそびの中で感覚を磨く 「うわあ~、冷たい」「気持ちいい~」「あったか~い」と歓声をあげる子どもたち。今回は、感覚あそびのひとつとして、氷あそびをしました。 大きな氷の中におもちゃを隠したものと、別の容器には、お湯を用意し、こどもたちは氷を触っては、お湯の中に手をつっこんだり、肘まで浸かって温まっている子や、氷の中に隠れているおもちゃを少しずつ溶かして取ろうとする子などさまざま…。それぞれが思い思いに「冷たい」「温かい」体感を楽しんでいました。 ほかにも、ボディーペイントや寒天あそびでは、ヌル~ッとした感触、冷たくてツルッとした感触を楽しんでいました。 手が汚れるのを嫌がる子には無理強いせず、スプーンなどですくってあそぶなど、少しずつ触れていけるよう工夫をしていきます。 子どものあそびの中で、感覚あそびは、幼少期にとって大切な五感を磨くあそびなので、すまいるでは、いろいろな材料を使った感覚あそびを取り入れていきます。与那原町子育て支援センター与那原町子育て支援センター すまいる ☎070-5536-3507お問い合わせ海風児童館(与那原東小学校近く)東浜コミュニティーセンター(東浜きょうりゅう公園内)ひざしひざしひざしへ行ってみよう!!へ行ってみよう!!※その他、クラブ活動も行っています。興味関心のある方は、右記までお問い合わせください。※都合により、予定を変更する場合もあります。ご理解・ご協力をお願いします。与那原町交流センターひざしTEL/FAX 882-8357お問い合わせ〒901-1303 与那原町字与那原3090番地の2 「交流センターひざし」は、障がいを持つ方がいつでも気兼ねなく利用でき、地域との交流などを通じて自立と社会参加を促進するためにつくられた施設です。 与那原町在住で心身に障がいをお持ちの方やその家族の方などを主な対象としていますが、ひざし内にある「ふれあいサロン」では、おしゃべりやテレビ鑑賞など、地域のみなさんも気兼ねなく自由に過ごせる場所となっています。 ほかにもいろいろな活動を行っていますので、興味がある方はぜひ一度、交流センターひざしへ足をお運びください。お待ちしております。【開館日】/平日(午前10:00〜午後6:00)行事の月10☆第7回 ひざしゆんたく会日程/10月3日(水)時間/14:00~16:00場所/交流センターひざし☆手工芸・工作クラブ日程/10月15日・22日・29日(月)時間/14:00~16:00場所/交流センターひざし☆美化・園芸クラブ日程/10月16日・23日・30日(火)時間/14:00~15:30場所/交流センターひざし時間/14:00~15:30☆第4回 与那原町福祉まつり日程/10月20日(土)時間/10:30~15:00場所/町社会福祉センター☆書写クラブ日程/10月25日(木)時間/14:00~16:00場所/交流センターひざし☆ビデオ鑑賞日程/10月31日(水)時間/14:00~16:30場所/交流センターひざし第1回 ひざし作品展 ひざし作品展が7月24日(火)から8月3日(金)までの間に行われました。利用者の皆さんが、手工芸・工作クラブで作った作品やご自宅で作って持ってきてくれた作品を展示し、見学にきてくれたみなさんは投票制! 60人を超える方々に投票していただき、1位の作品は…パンパカパーン! 題名『からあげ』仲里さんの努力の結晶の作品でした! ひざし利用者の皆さんお疲れ様でした。作品展を見に来てくれた皆さん、ありがとうございました。広報2018.1014

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る