H31.広報よなばる4月号
12/28

病院で治療中なので必要ないわ悪化してから病気が見つかるほうが怖いですよ!自分の体の状態を知っていますか? 特定健診は、40〜74歳の方を対象とした健診で、高血圧・脂質異常・糖尿病などの生活習慣病の発症や重症化を防ぐための健診です。生活習慣病は、痛みなどの自覚症状が無いものが多く、気づいたときには既に重症化しています。年に1回健診を受けて、今の自分の健康状態と向き合いましょう。こんなふうに思っていませんか? 健診にかかる時間は、病気の治療にかかる時間に比べたらほんのわずかです。気づかないうちに病気が進行していると、日常生活や仕事に大きな影響を与えることになります。 特定健診は病気の重症化予防にも効果的です。治療中以外の病気の早期発見で合併症を防ぐこともできます。子どものころから健康には自信があるんだよ健診を受けて結果が悪いと怖いわ生活習慣病は自覚がないうちに進みますよ! 日ごろから健康に自信を持っている方が、ある日突然、心筋梗塞や脳卒中などで病院へ運ばれるケースもあります。健診を受けて自分の健康状態を知ることが大切です。 生活習慣病の怖いところは、進行するまで自覚症状がないことが多く、一度発症すると完治が困難になることです。自覚症状がないうちに健診を受けましょう。受けて安心  特定健診 年に一度の健康チェック!健診は年1回、半日程度ですよ!忙しくて健診を受ける時間がないんだよ広報2019.412

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る