2019.広報よなばる7月号
12/28

後期高齢者医療制度 被保険者の皆様へ8月から被保険者証が切り替わります有効期限=令和2年7月31日住民税非課税世帯の皆さんへ 現在お使いの被保険者証は、8月から使用できなくなります。新しい被保険者証は7月中旬ごろに郵送しますので、8月からは新しい被保険者証を医療機関の窓口に提示してください。 期限が過ぎた被保険者証は、健康保険課窓口に返却していただくか、個人情報が読み取られないよう、ご自分で処分をお願いします。 減額認定証とは、入院・外来療養、調剤薬局での支払いを自己負担限度額でとどめることができたり、入院時の食事代を減額することができる証のことです。平成31年度の減額認定証の有効期限は令和元年8月1日~令和2年7月31日です。必要な方は、被保険者証と印鑑をご持参のうえ、健康保険課窓口で申請を行ってください。※申請月の初日から適用となります。 例/8月10日申請 → 8月1日から適用 過去に減額認定証を取得したこと がある場合は 負担区分Ⅰまたは負担区分Ⅱの方の減額認定証は、被保険者証と一緒に郵送しますので、ご確認ください。 なお、初めて申請する時などは、原則申請手続きが必要になりますので、被保険者証及び印鑑をご持参のうえ、健康保険課窓口で手続きしてください。※代理人が申請を行う場合は、被保険者証、被保険者 本人の印鑑、委任状、代理人の身分証明書(運転免 許証等)、代理人の印鑑が必要です。 減額認定証が交付できない方 世帯に平成30年中の所得未申告者がいると所得区分の判定をすることができないため、減額認定証の交付ができません。所得申告をお願いします。 長期入院されている方は… 昨年8月1日~今年7月31日の間に限度額認定証を取得してから90日を超える入院をしている場合、申請すれば食事代が減額されます。直近3カ月分の入院日数の確認できる領収書等をご持参ください。※減額は、申請月の翌月から適用されます。 例/8月20日申請 → 9月1日から適用※負担区分Ⅰの方は、入院時の食事代が一律で決まっ ていますので、申請の必要はありません。限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)健康保険課からのお知らせ《基準収入額適用申請書》 負担割合3割の被保険者証が交付された方でも、条件を満たせば、負担割合1割の被保険者証に変更となる場合があります。その場合「基準収入額適用申請書」の提出が必要です。対象者の方には、「基準収入額適用申請のお知らせ」を郵送しております。お知らせが届いている方は、お早めに健康保険課窓口で手続きしてください。※詳しくは、健康保険課へお問い合わせください広報2019.712

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る