H30.広報よなばる10月号
11/24

可愛いお子さんを守るためまわりのお友だちを守るため予防接種がとても大切なのです 最近では、赤ちゃんや小さな子どもでも遊べる施設や、ショッピング、外食が日常的になっています。 また、保育園などで集団生活を送る子どもたちも多くいます。このように、人の多く集まる場所で過ごす時間が多くなった分、感染症にかかる機会も増えています。 今年は、4月にはしかの流行もあり、1人のはしか患者から県内だけで99人の感染が確認されました。今回の感染者の多くは未接種もしくは、1回接種の方でした。このことから、定期接種で決められた回数すべての接種をすることで免疫がつくことがわかります。 健康保険課③ ☎945-6633お問い合わせ早期発見すれば90%以上が治ります       命を守る大切な 婦人がん検診 乳がんは乳房に固いしこりをつくる病気です。女性に一番多いがんで、日本人女性の12人に1人がかかる危険性があります。30代から増加し始め、50代前後を中心に最も多くなります。乳がん 子宮頸がんは、子宮の入り口(子宮頸部)にできるがんです。原因のほぼ100%はヒトパピローマウイルスの感染で、誰でも感染する可能性があり、20~30代の若い女性に最も多いがんです。①個別に医療機関で受ける 町の指定医療機関の中から受診する病院を選び、予約を してから検診を受けてください。 ※受診期間/平成30年4月1日~平成31年2月28日②町の集団検診で受ける 健康保険課へ電話で予約をしてください。子宮頸がん町では、20歳以上の女性の方を対象に乳がん検診と子宮頸がん検診を行っています。検査方法受診方法 町から検診料金を助成します。料金から助成額を差し引いた額が自己負担額となります。指定医療機関により料金が異なりますので、詳しくは婦人がん検診受診券をご覧になってください。(非課税世帯及び生活保護受給者は無料で受けられます) ※町の助成額 子宮頸がん検診 2,400円        乳がん検診   2,800円検診料金婦人がん集団検診超音波(エコー)またはマンモグラフィのいずれかを選択超音波(エコー)細胞診乳がん20~39歳年  齢40歳以上子宮頸がん乳がん検診(マンモグラフィ)  ※予約 先着40人まで40歳以上の女性800円20歳以上の女性600円検査項目対  象料 金子宮頸がん検診(細胞診)日程▶11月28日(水)場所▶町社会福祉センター受付時間▶午後1時30分~3時必要なもの▶がん検診受診券・     保険証予 約▶健康保険課☎945-6633(電話で受付)※集団検診では、乳がん検診の超音波検査はありません。10月からインフルエンザの予防接種が始まります。広報2018.1011健康保険課からのお知らせ

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る