広報よなばる

広報 2022.11 2 9月23日(祝・金)と24日(土)の2日間にわたり、上の森かな ちホールで「よなばるクラフト市場」が開催されました。与那原の 工芸品を町内外に広く知ってもらうこと、そして町内の工芸品の 価値を再発見するねらいも込めて行われ ました。 会場にはシーサーなどの陶器をはじ め、財布やかばん等の革製品が並びまし た。その他にも、かりゆしウェアや雑貨の 店舗もあり、多彩な商品が堪能できる空 間が広がりました。また、タコスやホット ドッグ、フレンチトーストなどのキッチン カーも登場。さらに、陶芸体験やパーソナ ルカラー診断といった体験型スペースも あり、来場者を楽しませました。 スイーツやキッチンカーも登場 与那原生まれの作品たちが大集合! 高い就業意識の醸成と自主的・独創性のある人材の育成を目 的に、行政・企業・大学が協働してキャリアアップセミナーを開催。 セミナー3日目には、参加学生に向けて町役場職員がオンライ ンで「与那原町の現状と課題 地域活性化の事例」と題した講義 を行いました。観光商工課の宮城結さん、新城浩平さんが講師と して登壇し、与那原町の特産品をはじめ、施策や観光事業、MICE に関すること、空き店舗支援事業などについて解説。 講義後には参加者から「町の知名度を上げるために感じてい る今後の課題はありますか」「空き店舗支援事業にはどのくらい の希望者がいますか」といった質問が寄せられました。 沖縄女子短期大学 キャリアアップセミナーを実施 9月6日(火)、町長室において福祉車両および食料物資の寄 贈式がありました。永寶株式会社から福祉車両が、株式会社テロ ワール・アンド・トラディション・ジャパンからは食料物資が寄贈 されました。 東京からリモートで参加した永寶株式会社の黄怡伶 取締役社長は「皆さまとこのようなご縁でつながり、多 少なりともお役にたてることをうれしく思います。今後 もこのご縁を大切にしていきたい」とあいさつ。寄贈さ れた福祉車両は、車いすを2台乗せることが可能で、ス ロープが付いていて乗降にも安心です。よりコンパクト で実用性に富んでいて、活動範囲が広がることが期待 でき、障がい者等の社会参加のため活用します。 食料物資は、草加せんべい1000個と、八島黒糖 社会貢献の思いへ感謝 福祉車両と食料物資の寄贈がありました 役場3階会議室で行われたキャリアアップセミナー 500個が寄贈されました。テロワール・アンド・トラディション・ ジャパンの二瓶徹代表取締役社長は「永寶株式会社様と連携し て社会貢献に取り組んでいます。与那原町の皆さんのお役にたて たらと思っています」と寄贈への思いを話しました。贈られた食 料は、町社会福祉協議会から支援を必要とする世帯へ提供され ます。 リモートで参加した 永寶株式会社の 黄怡伶取締役社長 寄贈された福祉車両と一緒に記念撮影

RkJQdWJsaXNoZXIy NTU5Nzc=